渋谷のラーメン『喜楽』のおすすめランチ情報&口コミ

ラーメン・つけ麺

渋谷のおすすめランチ情報。今回ご紹介するお店は、1952年創業の歴史あるラーメン店『喜楽(きらく)』です。中華麺の他にも、ワンタン麺や炒飯、餃子など、人気メニューがたくさんあります。

お店の特徴やメニュー、魅力をたっぷりとお伝えします。

スポンサードリンク

『喜楽』の基本情報


>>今すぐお店に行く(Googleマップを起動)

食べログ 喜楽
(点数:3.61)
営業時間 11:30~20:30
ジャンル ラーメン
平均予算 ~¥999
電話番号 03-3461-2032
住所 東京都渋谷区道玄坂2-17-6
定休日 水曜日
アクセス JR「渋谷」駅(ハチ公口)から徒歩6分
神泉駅から352m
予約 不可
カード カード不可
電子マネー不可
タバコ 禁煙

駅からのアクセス

渋谷駅から行く時は、ハチ公口を出ます。徒歩6分程度です。

スクランブル交差点を渡った後、「SHIBUYA109」の左側を真っ直ぐ進みます。

ユニクロ・モスバーガーを右手に直進します。

すると、ヤキニクバルとケバブ屋の間に「しぶや百軒店」という看板が見えるので、ここを進みます。

直進すると、ローソンが見えるので、ここを左へ曲がります。

ローソンのあたりまで行くと、茶色っぽい建物が見えてきます。

「喜楽」に到着です。

スポンサードリンク

「喜楽」を外から見た雰囲気


向かって店の左側には、「無料案内所」と書かれたピンク色の看板があります。この明るい看板が、黒と茶を基調とした「喜楽」外観の落ち着いた雰囲気を引き立たせています。

昼時は行列ができていることも多いです。2時以降になると、席に空きが出て来るので、並ばずに食べられるでしょう。

「喜楽」を中から見た雰囲気

店の内観は、少し古さを感じますが、シンプルで清潔さがありました。

男性客が中心です。1人客も多いので、1人でも入りやすいです。

店は2階建てです。1階のカウンターに約10席、2階のテーブル席に20席ほどの客席があります。1階では、調理を間近で見ることができます。湯切りはカウンターを超えてお湯が飛ぶほど豪快です。

お昼時は特に込み、行列ができるので、並ばずに食べたいときには避けた方が良いでしょう。しかし、店の回転率は速く、席もラーメン屋としては多いので、並んでいても意外と早く席につけるかもしれません。

スポンサードリンク

おすすめメニュー

この店のおすすめメニューは、中華麺(¥700)です。

特徴は醤油味の鶏がらのスープに焦がしネギの風味が溶け込み。チャーシュー・玉子・炒めたもやしが乗っていることです。中太麺によく合います。

昔ながらのシンプルで素朴な味わいは、老若男女問わず好まれるでしょう。

その他、お役立ち情報

その他のメニュー情報

先ほどご紹介した中華麺は、店の最も基本的なメニューであると言えます。しかし、「喜楽」のおすすめメニューは他にもあります。

こちらは、もやしワンタン麺(¥950)です。炒めた野菜にはしっかりと塩味がついており、単体でもシャキシャキとした食感を楽しめます。

ワンタンは、ぷりぷりモチモチで、中身もしっかり入っています。醤油ベースのスープともよく合います。

麺・野菜・ワンタンというそれぞれが料理のメインとなり得るものが、1つの器に集まっている、贅沢な一品です。

こちらは炒飯(¥800)です。醤油タレとスパイスが効いた特製炒飯は、他店のものとは一味違うと評判です。

ラーメンだけだと物足りない人は、炒飯をつけるのがおすすめです。

また、ラーメンだけだと物足りない人はこちらの餃子(¥500)もおすすめです。

パリッっと香ばしく焼けた皮と、ニンニクが程よく効いた肉は、絶品です。

スポンサードリンク

最後に!『喜楽』の口コミ

それでは最後に、『喜楽』を訪れたみんなの口コミや感想をご紹介します。

世代を問わず、根強いファンも多いようです。

今年は仕事で百軒店辺りに来ることも多い。するとランチは原点の喜楽。今日も変わらず繁盛している。相席はいとわないが暑い日は敬遠したい。するとカウンターがスッと空いた。しめた、手前の角に滑り込む。仕事の鞄を角の台に置けば、汚さないように、と布を被せてくれる。これだから長く続く店は好きだ。 さて、いつものチャーシュー麺、(揚)ネギ多め。台湾赤ねぎの独特の香りが喜楽たる所以。麺も含めだいぶ変化してきたことを外野は好き勝手に語るが、その変化を線で味わえることにファンの楽しみがあると思うのだ。 #food #instafood #noodles #japanesefood #ramen #ラーメン #らーめん #麺部 #ラーメン部 #ラーメンインスタグラマー #ニコ酒ラーメン #麺スタグラム #渋谷 #百軒店 #喜楽 #チャーシュー #チャーシュー麺 #揚げねぎ #思い出の店

A post shared by Takashi Watanabe (@acidnabe) on

https://instagram.com/p/BkuSV_8At7c/


スポンサードリンク